募集型、乗鞍登山道整備

先週13日に乗鞍登山道の整備事業がありました。 クラウドファンディングで募集し、一般の方からも参加していただきました。 平湯温泉と乗鞍岳を繋ぐ登山道に、それぞれ彫刻した木板を使い、階段を作っていただきました。 おかげさまで登山道は大変歩きやすくなり、とても楽しいイベントとなりました。

7月13日に東海北陸道が復帰します。

このギャラリーには2枚の写真が含まれています。

ようやく東海北陸道が復帰します。 先日の豪雨で被災された方には心よりお見舞い申し上げます。 さて、災害の為通行止めとなっておりました東海北陸道・荘川ICー飛騨清見ICですが、明日13日に通行止め解除となる予定です。 多くの方に温かいご心配の声を頂いておりますが、幸いな事に平湯温泉には被害はありませんでした。 上高地線バスや乗鞍線バス、新穂高ロープウェイ、飛騨市のガッタンゴー等… 周辺の観光地も通常営業しておりますのでご安心下さいませ。

アジサイが咲き始めました。

このギャラリーには3枚の写真が含まれています。

7月に入り、蒸し暑かったり雨の日が続いたりしてますね。 駐車場の紫陽花が咲き始めました。 深緑の中に水色の花が鮮やかで季節を感じさせてくれます。 先日の最高気温、東京は32°C、平湯温泉は27°Cでした。

ウェルカムドリンク”手作りしそジュース”

このギャラリーには1枚の写真が含まれています。

初夏の日差し、森林探索、登山。 外でたくさん遊んで帰ってきたら、この一杯。 しそジュースで疲労回復して下さい。 女将手作りのウェルカムドリンクです。

平湯温泉から日帰り登山”焼岳”

このギャラリーには7枚の写真が含まれています。

平湯温泉から新中の湯登山道まで、車で約20分。 北アルプス焼岳へ日帰り登山ができます。 登山道の残雪もなくなり、やっと歩きやすくなりました。 北峰頂上からは乗鞍、笠ヶ岳、穂高連峰、上高地と、 北アルプス南部が一望できます。 黙々とガスを放つ焼岳ですが、平湯温泉の温泉の熱源とも言われております。 地熱のパワーを感じます。 下山後は、温泉へどうぞ。

飛騨郷土料理”朴葉寿司”

このギャラリーには2枚の写真が含まれています。

新緑眩しい時期となりました平湯温泉では、朴葉(ほうば)の若葉が生えてまいりました。 朝食でよく出る朴葉味噌は、朴の木の葉の落ち葉を洗って乾燥させたものです。 青葉の時期は”朴葉寿司”を楽しむことができます。 具材は汐鱒、卵焼き、椎茸の煮しめ、木の芽です。 古くは朴葉の抗菌作用を利用した木こりたちの山メシでした。 爽やかな朴葉の香りとともに飛騨の味をご堪能ください。

渓流釣りキャンプ

このギャラリーには8枚の写真が含まれています。

先日、近くの”銚子の滝”で岩魚釣りとキャンプを楽しんできました。 この場所は良い釣り場ですが、釣り人がたくさん入っているため、今の時期の釣果は厳しいです。 ですが、なんとか釣れました。 自分達で釣った岩魚を木枝の串に刺して焚き火で焼きました。 近くで採ったウドを茹でて麹味噌を溶き、温かい味噌汁をいただきました。 焚き火を見つめながら、ウイスキーを飲みます。 奥飛騨で生活する中で一番の喜びです。

星フル乗鞍で天体観測

このギャラリーには2枚の写真が含まれています。

乗鞍「夫婦松」で満天の星空を鑑賞しませんか? 高山駅から2000円、平湯からだともっと安い⁈ 20:10に平湯発なので夕食をゆっくり食べても行けますね。 10日間限定の特別な夜をお過ごし下さい。

乗鞍スカイライン開通

このギャラリーには1枚の写真が含まれています。

先日、平湯バスターミナルで乗鞍スカイラインバスの開通式典が行われました。いよいよ乗鞍へ行けるようになりました。現在の乗鞍は残雪期で、非常に寒い時期です。山野草などはほとんど見当たらない雪の世界です。天候が悪いと霧で何も見えなかったり、雪が降って通行止めになる事もあります。しかし、快晴の日の景観は最高です。 山の天気は気分屋ですので、天気予報を直前までよく確認して、温かい服装で行ってください。 乗鞍畳平までは平湯温泉バスターミナルから行けます。

ニリンソウが見頃です。

このギャラリーには1枚の写真が含まれています。

やまと館から車で5分。 平湯キャンプ場ではニリンソウが見頃です。 “森の妖精“といわれる可愛い花が、一面に広がっています。